グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 塾長 後藤卓也のつぶやき > 強い相⼿と戦うことが、成⻑への原動⼒になる

強い相⼿と戦うことが、成⻑への原動⼒になる



コンピューターVS⼈間の将棋⻘春ドラマ

年末に「AWAKE(アウェイク)」という映画を⾒てきました。この映画は、2015年にプロ棋⼠とコンピューター将棋ソフトが実際に対局した「将棋電王戦FINAL」の最終第5局の「史実」を素材とし、⼩学⽣の頃から将棋のライバルであった2⼈の若者の⻘春ドラマとして「創作」された作品です。

若葉⻯也さん演ずる「浅川陸」は実⼒ナンバー1の若⼿棋⼠。かたや吉沢亮さん演ずる「清⽥英⼀」はライバルの陸に破れて将棋の道を断念し、無気⼒な⼤学⽣活の中で将棋ソフトと出会い、その開発に情熱を燃やすことで再起したプログラマー。その2⼈が「宿命の対決」に臨みます。

実は6年前の「将棋電王戦FINAL」の直後に、私はこの「マナビレンジャー 合格への道」で、これは「ソフトの開発者である⼈間とプロ棋⼠である⼈間との戦い」であり、「勝ったのも⼈間、負けたのも⼈間、どっちもカッコよかった」という内容のコラムを書きました。

「コンピューターと⼈間、どちらが勝つのか」という話題ばかりが取り沙汰され、いささか後味の悪い結末で終わった(その経緯も映画の中で語られています)将棋電王戦でしたが、「AWAKE」はその時の私の気持ちを代弁してくれたかのようなすてきな映画でした。

難問にチャレンジする⼦は必ず伸びる

映画の冒頭、初めて将棋会館を訪れた英⼀に、初対⾯の陸はこう問いかけます。「君、強い︖」

英⼀がうなずくと、陸は⾔います。「よかった。強い相⼿とやった⽅が⾯⽩いから」

中学受験を志そうとする⼩学⽣の皆さんに、この気持ちを⼤切にしてほしいと思うのです。例えば志望校を選ぶとき、私は、より偏差値の⾼い学校に受かった者が「勝者」だとは思いません。偏差値は世間的な「⼈気の度合い」を⽰すものに過ぎず、それよりも校⾵や環境、教育⽅針などが⾃分に向いているかどうか、その学校でどんな6年間を過ごしたいと思っているのかが肝⼼だと考えています。でも、もし「この学校、いいなあ」と思う学校が複数あるなら、その中で⼀番難しい学校を⽬標にしてほしい。

テストのとき、「難しい問題は捨てて、計算問題や基本問題を確実に得点するように」と指導されるかもしれません。それは正しいアドバイスですが、まだ⼊試まで1年あるとしたら、「どうせこんな問題は解けるはずない」と諦めて、ほかのやさしい問題で地道に点数を拾いに⾏くのではなく、⾯⽩そうな問題に果敢にチャレンジしてほしい。

難しい問題に挑んだ結果、基本問題で失点して、両親に⼩⾔をくらう⼦のほうが、最後は必ず伸びる。これは30年以上受験指導をしてきた私の実感です。「当たって砕ける」経験を何度も繰り返す中で、1問でも難問を正解したときの達成感が、「もっと強い相⼿と戦いたい」という気持ちをさらに駆り⽴てる。それは受験勉強に限らず、スポーツでも⾳楽でも将棋でも同じだと思います。

負けた時の悔し涙が新たな出発点に

「負けたくない」「失敗したくない」という気持ちは、みな同じです。将棋の⾕川浩司九段(永世名⼈)のインタビューをさせていただいたとき、「『負けました』と⾔えない⼦は強くなれない」という⾔葉が⼼に残ったという話も、以前このコラムで書きました。それは対戦相⼿に対する礼儀であると同時に、⾃ら負けを認め、受け⼊れるところから、次の⼀歩が始まるからです。

その⾕川先⽣も⼦供の頃は、負けると駒を投げたりかんだりしたそうです。藤井聡太⼆冠(王位、棋聖)が⼩学⽣の⼤会の決勝で負けて、⼤勢の観客が⾒守るなかで⼤泣きをしているシーンも、去年何度もテレビで放映されました。確かに、負けは認めなければならない。でも悔しくて涙が⽌まらないのは、それだけ本気で勝ちたいと思ったからなのでしょう。

「AWAKE」の中でも、陸は英⼀との初めての対局に敗れ、暗い夜道で⼀⼈膝を抱えて泣き続けます。でもその敗戦こそが、陸が⼤きく成⻑するきっかけになりました。その8年後、英⼀も重要な⼀局で陸の強さに圧倒され、⼼が折れ、将棋をやめてしまいます。しかしそれが英⼀の新たな⼈⽣の出発点となります。

何年も塾に通い、遊ぶ時間も削って勉強してきたのだから、志望校に合格したいと思うのは当然です。そのためにはテストでいい点数をとり、上位クラスを⽬指さなければならない。でも⽬の前の強敵(難問)との戦いを避けて、確実に勝てる相⼿とばかり戦っていたら、⾃分の殻を破ることはできません。

⾃宅学習では難問にも挑戦し、テストの時は確実な勝ちを狙うのも⼀つの作戦ですが、塾内テストと⼤⼿模試、そして実際の⼊試では、プレッシャーの差は半端ではありません。⼊試本番の緊張感の中で実⼒を発揮するには、テストの時こそ失敗を恐れず、真剣勝負を挑むという気持ちで取り組んでみましょう。

特に「こんな点数をとったら、両親に叱られる」「クラスが下がったら恥ずかしい」「友達にバカにされる」などという考えはきっぱりと捨てること。叱られたり笑われたりするからではなく、本気で挑戦したのに負けた、解けなかった。だからこそ悔しくて涙が⽌まらない。そして涙が枯れるまで泣いたら、「次は絶対に負けないぞ」という気持ちが湧いてくるのです。

どれだけ本気の悔し涙を流したか。その涙の数だけ君たちは強くなれる。だから「強い相⼿とやった⽅が⾯⽩い」という気持ちを、ずっと持ち続けてください。皆さんの「挑戦する気持ち」を⼼から応援しています。

最後に、来年以降に中学受験をするお⼦さん(特に新5、6年⽣)をお持ちの保護者の皆さまへ。テストの好成績が⾃信につながる、という要素も確かに無視できません。しかし、5、6年⽣にもなればかなりの経験値を積んでいるはずです。これからは、⾃分の⾜で歩き、⾼い壁に挑もうとする我が⼦を、後ろから⾒守り、ときには背中を押してあげましょう。

私も、読者の皆さんのお⼦さんが、単に志望校に合格するだけでなく、受験勉強を通して⼀回りも⼆回りも⼤きく成⻑することを願い、これからも⽂章を通してエールを送り続けていきます。