グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 塾長 後藤卓也のつぶやき > 受験直前、子供たちの声に耳を傾けよう

受験直前、子供たちの声に耳を傾けよう



本番2か月前に6年生アンケート、保護者会で公開

私たちの塾「啓明舎」では毎年12月の第1週、入試前最後の隔週テスト(2週間ごとに行っている塾のテストです)を、近くの私立校の教室を借りて実施します。そして、子供たちがテストを受けている間、講堂で「最終保護者会」を開催しています。

最終保護者会では、保護者の心構えはもとより、「残り2か月間の学習の進め方」から「受験当日の持ち物」に至るまで、みっちり2時間近く説明します。そして、最後に6年担当の講師一人一人から、自らの決意表明や保護者へのメッセージを伝えるのですが、数年前から、当日のプログラムに新しいコーナーを追加しました。

保護者会の1週間ほど前、6年生全員に本番2か月前の意識調査として「アンケート」を実施し、その回答のまとめをスライドで披露する「こどもたちのこえ」というコーナーです。今回のコラムでは、その中から、入試を目前に控えた子供たちの生の声を紹介していきます。

いま一番つらいこと「眠たい」「遊ぶ時間ない」「成績伸びない」

アンケートの最初の質問は「今一番『つらい』と思っていることは?」。その回答はほぼ三つに集約されます。まずは寝不足による眠気。「本当に眠い」「朝起こされてもまだ眠い」「眠すぎてつらい」……。やはりこれが一番多い回答です。中には「朝起こされる時に両脇を持たれて、無理やりリビングに連れて来られること」。なんだか光景が目に浮かぶようです。連れて行かれる方はもちろん、連れて行く方もきっとつらい思いをしているでしょう。

続いては「遊ぶ時間がない」「勉強のためにいろんなことを我慢すること」「テレビの電源を切られて見られないこと」……。その気持ちは痛いほど分かります。でも、それは仕方ないよね。

そして、「成績が滝のように落下している」「過去問をやって100点近く合格最低点に届かなかったこと」といった成績の伸び悩み。「合格可能性30パーセント」という模試の結果に「やった!3回に1回も受かるじゃん」とホザいていた連中も、12月になって真剣に過去問に取り組み始めて、さすがに「ヤバイ」と気付き始めます。そして、「入試に落ちた自分を想像すること」「どうしても楽な方に行こうとする自分」を「つらい」と感じるようになります。
(中学受験サポート2020年1月)